FC2ブログ

魔王ト聖女 ~呪ワレシ淫辱ノ輪廻~

ここでは、「魔王ト聖女 ~呪ワレシ淫辱ノ輪廻~」 に関する記事を紹介しています。


年齢認証 
18歳以上はこちらクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


18歳未満はこちらから退出して下さい→クリック


★ ★ ★
エロ同人誌マターリ館 美少女ゲーム日記 ロリ総合ランキング エロゲーの森


魔王ト聖女 ~呪ワレシ淫辱ノ輪廻~

魔王ト聖女 ~呪ワレシ淫辱ノ輪廻~ >>FC2ブログランキング

<魔王>と<聖女>。
その魔を司る2つの存在は、数千年にも及ぶ人類の歴史の闇でつねに憎み殺し合い、死した後にまた生まれ変わり殺しあうという「永劫の死合い」という名の魂の呪いで結ばれていた。

そして、現代。
<魔王>は狡猾な不良・岡崎 諒として、<聖女>は生徒会長・古川 天音として、互いの前世と「永劫の死合い」の呪いを忘れ、聖女ルシリスを敬う大神学園通っていた。
だがある日、‘つばめ’と名乗る少女が諒に前に現れた瞬間から、彼の日常は腐敗を開始する。
わずかに蘇った<力>をつかい学園を淫欲にまみれた混沌に堕とそうとする諒。
だが欲望にひたった諒の毒牙が、彼にとって疎ましい存在である天音の喉元に迫った時、天音の中に眠る<聖女>の力が覚醒し……。
転生の果てに幕を開く<洗脳調教>と<受胎調教>にまみれた学園淫辱伝奇の結末は……?

■現世に蘇った魔王!
 本作では、魔王の生まれ変わりである諒が主人公。
 魔王の力を使い、学園を欲望のまま蝕む主人公の前に聖女の生まれ変わりである天音が立ちはだかる!
 主人公に協力する謎の美少女つばめも登場し急展開する聖女洗脳受胎調教アドベンチャー!

■2つのエッチシチュエーション!!
 物語の序盤は、天音を学園の日常で行われる洗脳和姦凌辱モード!
 洗脳を受けた天音は諒の無理難題な洗脳淫辱指令を受け入れてしまう!
 後半は、聖女として覚醒した天音を徹底的なまでに凌辱しまくる、受胎調教モード!
 魔術を使って異形のモノを作り上げ天音のプライドを破壊する交尾受胎凌辱!

原画家に『戦乙女スヴィア』『奴隷志願サイト』『孕ませて青龍くん!』の<のぶしと>氏を迎え、
『姉孕みっくす』『奴隷な彼女1&2』『特務捜査官レイ&風子』の<松本竜>氏が新たなBlack LiLiTHの凌辱劇を書き綴る!!

魔王ト聖女 ~呪ワレシ淫辱ノ輪廻~ 魔王ト聖女 ~呪ワレシ淫辱ノ輪廻~ 魔王ト聖女 ~呪ワレシ淫辱ノ輪廻~ 魔王ト聖女 ~呪ワレシ淫辱ノ輪廻~

魔王ト聖女 ~呪ワレシ淫辱ノ輪廻~

魔王ト聖女 ~呪ワレシ淫辱ノ輪廻~ >>FC2ブログランキング

エロフラッシュリンク♪ サクっとエロ同人 エロゲーの萌え画像 萌え同人を楽しもう!

人気電子コミック

独蛾独  蛾  
昨年末の配信開始以来いまだにランキング上位にあがる、驚異のロングランヒット作「夏蟲」。あのひたすらにイヤラシイ黒タイツ&電車痴漢漫画を、数倍のエロスと濃さでパワーアップさせたのが、今回のタイトルにもなったCOMIC LO連載作「独蛾-ヒトリガ-」。眼鏡デコな不感症少女・すみれちゃんが常識の範疇を越えた恥辱を受けつつ快楽におぼれていく様は壮絶の一言!書き下ろしもLO未掲載作も載ってます。これが究極のロ○ータ漫画、その1冊です。イメージを拡大
独蛾



たとえば母が5たとえば母が5
緑川正樹はキャリアウーマンの母と2人で友達のように仲良く暮らす平凡な大学生。しかし、彼の生活はある日を境に一変する!母のうなじにキスマークのようなものを見つけてしまったその日から……母の背後に「男の影」を意識し始めた正樹の狂おしく悩ましい日々。そして肉欲に溺れる母・美晴と、抗う術を持たない息子・正樹。2人は後戻りをしようもないほどの深い淵へ堕ちていく…。艶かしく交差する母と息子の背徳の物語の終着点はどこに……!?イメージを拡大
たとえば母が5



コミックマグナム Vol.1コミックマグナム Vol.1
ハードな凌辱モノや調教モノ、禁断の近親相姦モノなど、官能エロスたっぷりの作品が勢ぞろい!貞淑な人妻を、清楚な姉を、生意気な女子校生を、淫乱な熟女を、熱血女教師を、ハメてハメてハメ尽くす!
イメージを拡大
コミックマグナム Vol.1


2つポチっとご協力お願いします
a_04.gif 人気アダルトBLOG


同人だお 路地裏の同人書庫 萌え+ 無料同人エロマンガ島 エロ3DCGってどうなの。
スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mist26.blog118.fc2.com/tb.php/876-049fdf7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
RSS